Skip to content

お金を借りる時は用途とどこから借りるかが重要

どうしてもお金が困った時、どこでも良いからすぐ借りるというのは、更にお金がないという状況を悪化させてしまいます。

出来ることならば家族や信頼できる知人から借り入れるのが良いと思います。しかし、気心の知れた仲だからといって、理由も話さず借りようとするのでは今後の付き合いに支障が出て来てしまいます。まずはどうしてお金を借りなければならない状態になってしまったのか(嘘は厳禁です。クレジットカードでボーナス払いを使って買い物をしていたのを忘れていたなど細かく説明します)、借りたら毎月どのくらい返していく予定か、もし返せなかった場合は車などを担保とする、借用書を作成し、相手が望むのであれば公正証書を作成するなど誠意を見せます。

住宅購入のための借金であれば銀行から借りるのが良いでしょうが、生活費の補填として今すぐお金が欲しいからといってお金を借りるのであれば家族や友人から借りるのがベストという考えです。

ただ、親しい人に借金をするのに抵抗がある場合や軽蔑されるかもしれないと不安な場合、私だったら銀行や消費者金融から、絶対に返せるだけのお金を借ります。