Skip to content

急にお金が必要になった時にできる事

生活をする中で、様々な事態に陥る事がありますが、お金のトラブルも少なくないのではないでしょうか。

今日必要なお金がどうしても用意できない場合がありますが、友人や家族など誰かに借りたりする方も多いでしょう。

しかし、知人とのお金の貸し借りは、お互いの信頼性を傷つけてしまう場合もあるので、なるべくしないほうが良いでしょう。

実際に、お金の貸し借りで疎遠になってしまう友人もいます。そのような事になってしまっては悲しいので、自分でどうにか解決する必要があります。

私も、給料日前はお金に余裕がなく困ってしまう場合もありますが、カードローンを契約しているので、いつでも必要なお金の融資を受ける事ができるようになっています。

カードローンは利用する前に契約しておく事で、万が一の事態に備える事ができ、多くの人にとってメリットがあるのではないでしょうか。

実際に私も、困った時になんどもカードローンで助けられた事があります。使うコツとしては、困った時以外には、使わないと決める事です。

借り入れが多くなるほど、返済がきつくなってしまいますし、結局は借金なので増えるのはあまり良い事ではないでしょう。

しかし、少ない金額を計画的に利用する事で安心して便利に利用できますし、実はカードローンは、手数料や利息を考えた場合、土日に銀行からお金を引き出すよりも、お得になる場合もあるので、使い方次第なのです。

お金の貸し借りを友人とするよりも、精神的に良いのではないでしょうか。

私がお金を借りたいと思う時

私がお金を借りたいと思うのは、公共料金の支払いを行うときです。
どうしても、目に見えないモノにお金を払うということがもったいなく感じられて、支払いをするたびに、損をしているような気がしてしまいます。
支払った分だけ戻ってきてくれたなら良いのに、と思った時に、ふとお金を借りてみたくなります。
それに加えて、食費などがかさんで、通帳が赤字になっているときなども借金の誘惑が出てきます。
もちろん返せない可能性が高いことは判っているのですが、目先のお金が欲しいと思ってしまうのは、誰しもある経験ではないでしょうか。
損をしたくない、手に入っているお金を減らしたくない、というのが私の考え方です。
お金が楽をして増えるのならば、絶対に借金をしてしまっているでしょう。
今私を、お金を借りたいという欲求から踏みとどまらせているのは、借りやすい金融から借金をしすぎた人の末路と、自分が返済できるか分からないという事柄による抑止力が、かかっているからなんです。

お金を借りる時は用途とどこから借りるかが重要

どうしてもお金が困った時、どこでも良いからすぐ借りるというのは、更にお金がないという状況を悪化させてしまいます。

出来ることならば家族や信頼できる知人から借り入れるのが良いと思います。しかし、気心の知れた仲だからといって、理由も話さず借りようとするのでは今後の付き合いに支障が出て来てしまいます。まずはどうしてお金を借りなければならない状態になってしまったのか(嘘は厳禁です。クレジットカードでボーナス払いを使って買い物をしていたのを忘れていたなど細かく説明します)、借りたら毎月どのくらい返していく予定か、もし返せなかった場合は車などを担保とする、借用書を作成し、相手が望むのであれば公正証書を作成するなど誠意を見せます。

住宅購入のための借金であれば銀行から借りるのが良いでしょうが、生活費の補填として今すぐお金が欲しいからといってお金を借りるのであれば家族や友人から借りるのがベストという考えです。

ただ、親しい人に借金をするのに抵抗がある場合や軽蔑されるかもしれないと不安な場合、私だったら銀行や消費者金融から、絶対に返せるだけのお金を借ります。

銀行でお金を借りるカードローン一括返済のメリット

カードローン一括返済とは、カードローンの返済期間途中に、一括して繰上げ返済をしてしまうことです。
銀行でお金を借りるカードローン一括返済の最大のメリットは、利息を払う必要がなくなるので、返済額を大幅に減らすことができるという点です。

住宅ローンや自動車ローンなどもそうですが、とにかくローンが続いてるうちは、元本の返済以外に利息が何回もとられてしまうので、結果、総支払額はとんでもなく大きな負担となってしまうのです。

例えば、カードローンで100万円借りた場合に、長期のローンを組んでしまえば、総支払い額は150万円以上になってしまう場合もあるのです。
だから、そうならないために、お金を作りカードローンを一括返済してしまうのです。

いきなり全額返済はできなくても、まとまった金額を何回かに分けて返済することができれば、元本が減っていくので、利息を減らすことができ、結果的に総支払い額をかなり減少させることができるのです。

カードローン会社は金利で利益を出さないと経営を維持することができないので、必死になってリボ払いを勧めてきます。
カードローンをリボ払いで返済すると、なんだか毎月の支払い額が少ないので得したような気持ちになってしまいます。

しかし、総支払額を知れば顔が青ざめてしまうくらい大損をしていることに気付かされるのです。
リボ払いでほくそ笑んでいるのはカードローン会社だけなのです。急なお金が必要だからカードローンを利用するのですが、返済が遅くなれば、利息という無駄なお金を支払うことになる・・・ということを忘れないようにしましょう。

旅をするなら常備薬の準備が必須である

私は以前、メキシコを一人旅している途中に高熱を出してしまいました。全く言葉の通じない異国の地でそのような状態になり、いったいどうなってしまうのだろうという不安に襲われました。

こういうときに添乗看護師でもいいので、居てくれると助かるなとじみじみ思いました。

ただ、不安になったのは、体調が悪くなりだした頃で、本格的に発熱した時には意識が朦朧として色々考える余裕もなく、自分がどのような感情に包まれていたかは今でも分かりません。

私はそれまでにも色んな国へ一人旅に出ていたのですが、体調を崩したのはその時が初めてでした。バイトを雇って連れていくまではお金もないのでできませんが、ツアーならありでしょうね。

私は全く常備薬の準備も無く、手持ちにあったのは乗り物酔いの薬くらいでした。

もし私がまともなホテルに宿泊していたのであれば、フロントに相談するところですが、私がいつも利用するのは廃れた安ホテルです。フロントの対応など期待できるはずもありません。

結局、私は、意味もなく乗り物酔いの薬を飲んで、2日間ベッドに臥せていました。幸い熱は下がり、帰国することが出来ましたが、その経験によって旅には常備薬の準備が必須であると痛感しました。

もしも50万のお金が必要になった時、私ならどうするか

もしも50万円が必要になった時、私ならどうするか、それは状況によって変わってくると思います。

まず50万円必要になる状況としては、入院して手術を受けた場合、事故などに遭ってしまい修理費用が必要な場合があると思います。

まず自分の貯金に余裕があった場合、この場合は貯金をくずして工面するようにします。
備えあれば憂いなしというように、日頃から急な出費に備えておけば、こういった局面でもすぐに用意出来ます。

次に貯金がなかった場合なんですが、この場合には三通りあります。
まずは銀行や消費者金融からお金を借りるという方法。今すぐにお金がいるというのであれば、消費者金融もやむなしです。
しかし、返済の計画を全く立てていない場合には、こういった方法は危うくなるのでやめておいたほうが無難です。

そしてもう一つの方法は、親戚に頭を下げてでも借りるという方法。
これは本当にどうやってもお金が工面出来ない場合にする最終手段と言っても過言ではないと思います。
やはり身内からお金を借りるというのは、さすがに心が痛むと思います。出来れば避けたいのですが、どうしようもない時は仕方ありません。

あと最後に、自分の持っている物を売ってでもお金を工面する方法もあります。
副業の仕事を増やすなどして、お金を稼ぐ方法もありますが、どうしても時間がかかってしまいます。

先にあげた三つの方法が、急に50万円必要になった時の対処法として浮かびあがりますね。

即日で融資できるのは何故?

消費者金融のキャッシングサービスやカードローンという商品はよく即日融資可能って謳ってますよね。

あれはどうしてそんなにスグに審査を通すことができるのでしょうかね。初めて利用する人なんてどんな人かも分からいけど、まだ黒く染まっていないのでOKということなんでしょうかね。

ああいう審査機関はデータベースがあって、ブラックリストの共有なんかをやっているんで、スグに分かっちゃうんでしょうかね。

ま、そんなことはどうでもいいのですが、ネットから申込みができて書類を送ることなく審査が終わってネットで契約が完結するのですからスゴイ世の中になったものです。

システム的には情報社会として当たり前なのかも知れませんが、それだけ日本人の信用が厚いということなのでしょう。そうでないと即日融資なんて無理だと思います。